岐阜リラクゼーションDSC女性サロン

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ。
reiko@doremi-1003.com

人気ブログランキングへ
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
難病と生きる家族
先日、あるスーパーで懐かしい保護者の方にお声を掛けられました。
「せんせ~い・・・。」2年前、どれみの通っていた子どものお母さん。今は小学2年生になっているそうです。
 
急に来なくなってからのことを話してくれましたが、その子は、現在も岐阜市内の小学校に通っていて、とても元気で活発なイメージがありました。しかし1年生の途中から彼は、ある病気が発症して今では障害児として学校に通っているそうです。
お母さんは看護師という職業を一旦やめ、子どもと一緒に過ごしてきたそうですが、今もう一度看護師として社会復帰を考えているようです。お子さんがそんな状況でもやはり土日、もしくは夕方遅くまで勤務を強いられます。

私とそのお母さんがスーパーで再会したことも何かの縁だと思います。「どれみなら・・・仕事をしながらこの子を育てていけるかも知れない。そう思って一度主人と伺おうと思っていました。」そう話してくれました。

人は、当たり前のように毎日を過ごしながら、何かを忘れてしまっていることがあるのではないでしょうか?命があることは決して当たり前ではない。
ほんの一瞬の人との出会いにも必ず意味があるのでしょうね彼がどれみの学童保育を利用しながら大きく成長していってくれることを、心から願い見守って生きたいと思います

ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ。
reiko@doremi-1003.com

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2011/01/31 11:03 】

| 子育てサロン | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。